10年間どのコースも最高4名で実施

分かりやすい講習を目標に10年間どのコースも最高4名で実施してきました。スキューバダイビングはアリガー南やアリガーケーブルを絡めて3つからなるポイントを必ず訪問します
色んな国と地域のマリンリゾートでパラセーリングは一際簡単で平和なマリンスポーツで、お越しくださる方々に驚き・熱狂・くつろぎ・充足感をお届けし、皆様を青空の旅にお誘いしております。
ダイバー講習では大変直線的にコンパスを適用した移動を理解してもらいますが、他には三角形や四角形などの到達段取りも経験していただきます。
沖縄の美ら海水族館には世界に一つしかないアクリル製の大水槽があります!貴重なジンベイザメ・マンタの種を保存することを主眼においた複数飼育の実行や白化していないサンゴの大掛かりな飼育は世界で初めてのことです!

 

シュノーケリングを始めて度肝を抜かれたのは水の透明度!「あれ、ここプールだったっけ?」と感じてしまうほど全体が細部まで目に映りました
潜りがあんまり上手じゃない場合も、責任者が水を怖がっているかなどの事前ヒアリングを実施するので、潜りの苦手な方は戸惑うことなくご相談下さいね。

 

海底でプカプカと「中性浮力」のあり様は、気持ちよく水中を進むためにも、サンゴの群生などのありのままを攻撃しないためにも慎重に対処します

 

ウェイクボードに等しく、モーター付きのボートに持ち手(ハンドル)付きのロープをしっかり引っ張ってもらい水面を滑ります。

まっすぐ縦に搭乗して歪むことなく進めるから、スピード感は超一級!

 

目の悪い方にとってもマスクを身に付けることによって海の中に入っていると何でもかんでも1.25倍程に拡大されて見ることができるので、裸眼視力が0.5程度は見える方にとっては全く心配はないと考えられます。
最近ではダントツ人気の「青の洞窟・シュノーケル探検プラン」だけではなく、海の中でやんわりと呼吸を繰り返しながら色とりどりの魚の群れと遊ぶことができる初心者向けダイビングもおすすめします。
沢山の有意義な過ごし方を心得ているのと併せて緊急時の防御訓練も完璧で、高い信頼感のあるレジャー・ダイバー、その最先端を行くのがマスター・スクーバ・ダイバーと呼ばれるのです。
体験ダイビングの場合、大概全てのダイビングショップは表示されている金額に器材のレンタル費・受講料・タンク・ウエットスーツなど講習の現地でかかる費用の全てが入っているはずです。

 

ダイビングを2つに分類するとなると、レクリエーションと職業ダイビングに分けられると思います。

どうせ潜るならダイビングのプロフェショナルを目標にしてみませんか?是非プロダイバーの活躍を見てみませんか?
ダイビングをやってみようと考えるなら、ひとまずダイバーショップに用意されている7点セットと言われている

スノーケル、マスク、フィン、それとスーツ、グローブ、ブーツ、メッシュバッグぐらいは準備しておいた方が何かと便利です。

 

ファーストダイビングはダイビングプロの技術を支えに軽く体験できる方法です。気さくにダイビングをエンジョイするために大切な情報を知っていただくことになります。