パラセーリング

空から沖縄の海を見渡せるおしゃれなパラセーリングや、気持ちの良い定番のマリンスポーツを堪能できるツアー。かかる時間も1時間半前後と安心して活動できます。
この美ら風という工房は、粘土玉から形作る魔除けの「シーサー」、800種類以上常備されている大小様々なガラス細工を駆使して完成させる綺麗な「キャンドル」や「オルゴール」など、オリジナルの作品作りを経験できる体験型工房です。

 

多くのダイバーの憧れ生き物、「マンタ」を見たい!そこで名前が挙がるのが石垣島。マンタで有名な川平でスキューバダイビングする現場便利なサービスはたくさん存在します。
綺麗なサンゴならインド洋に潜ってみて!インド洋上のモルディブはリング状になったこの世のものとは思えないほどの環礁が距離を測ると800キロも続いて生息しており、

はるか古来より「真珠の首飾」と称えられてきたのです。

 

沖縄の琉球村とは古めかしい家を多く移築して保管しているだけでなく、藍染の体験講習や三線・エイサーの指導、沖縄在住のおばあとの雑談などを見て試すことができる体験施設です。
目が悪くてもマスクを身に付けることによって水中にいると辺りが1.25倍ほど大きくなって見えるので、視力が0.5ぐらいある人であるなら何一つ心配する必要はないと断言できます。
「ずいぶん長くダイビングから遠ざかっていた」、「急に思い出して再びどこかで海に入りたいけど、思い通りいくか不安だなあ。」

と弱気なダイバ ーを対象とした講習もあります。

 

ウィンドサーフィンの心地良さはどこにあるんだろう。セイルが受ける風圧を両方の手でトリムすればツイーッとサーフボードが移動し始めます。
広大なサトウキビ畑や伝統的な沖縄の家が存在し、沖縄らしいムードや景観を堪能できます。「古宇利大橋」の上から見る海は、死ぬまで忘れられないほど鮮やかな青い海。
海底で雲の上のような「中性浮力」の状態を保つことは、心安く水中を進むためにも、サンゴの群生などの水中状態を攻撃しないためにも重要です
心が落ち着く潮騒を耳にしながら忙しい日常から解き放たれて散策する時間をご提供するほか、いろんなマリンアクティビティや環境に優しい催行なども体験できます。
日毎出航している食事のできる客船「モビーディック号」で日本最南端の地、沖縄の華やかな夕日に染まる風景を愛でながら、ハイクラスなディナーを満喫してください。
那覇近辺をダイビングすることを考える場合におすすめするのは絶対チービシエリアです。何と言ってもビギナーの方でも安全なポイントが豊富で、割と簡単にボートダイビング体験がお約束できます。

 

ひとりでも肩のこらない環境、開放的な満足できるダイビング方法をお伝えしますのでみなさんも気張らずに始められます
沖縄へ旅行するならやはり海でしょう。数種類の青色に染まった海の中を、暖かい地域ならではの明るい色合いで華麗な魚たちとたわむれる体験は一生忘れられない経験になるでしょう。